往療マッサージ・はりきゅう(保険適応)

往療マッサージ

方針イメージ

往療マッサージとは

健康保険の療養費支給制度を使って在宅(自宅)や入所施設などで行う医療マッサージです。
寝たきりの方や歩行が困難な方など通院のできない方が対象となります。

【対象症状】
筋麻痺・片麻痺、関節拘縮等の症状(脳血管障害後遺症など)があり、医療上マッサージが必要であると認められる疾患

医師の同意により行われますので、医師の同意書又は診断書を必要とします。
病院により対応は異なりますが、書類は当院にて準備しこちらで主治医の先生に申請いたします。

【治療目的】
マッサージと運動療法、機能訓練などを行い機能の維持や改善を目的とします。

介護保険サービスを利用中の方も往療マッサージを受けることができます。



費用について

医療保険が適用されます。(介護保険ではありません)
一部負担金(1割~3割)が自己負担となります。
※毎月、往療距離や回数(1ヶ月当たり)によって多少の変動がありますが、1割負担の方でだいたい1回400円程度です。
身体障害者(1級、2級)の方は助成制度が受けられます。(重度心身障害者医療費助成制度)


ご依頼から治療開始までの流れについて

  • ご依頼

    ご家族様、ご本人様、入所施設のご担当者様などからのご依頼承ります。

  • 無料お試し往療マッサージ

    症状など事前にお伺いしたうえで、ご本人様と一度ご面会と無料お試しマッサージを行います。

  • ご依頼成立→治療計画の立案

    お試しマッサージ後、正式なご依頼があれば今後の治療計画を立てていきます。
    必要書類をご準備いただきます。
    主治医の先生に同意書または診断書の発行も依頼します。

  • 治療開始

    ご相談の上、週1~3回程度往療マッサージ伺います。


往療鍼灸について


はり・きゅう保険治療とは

健康保険の療養費支給制度を行うはり・きゅう施術です。
医師の同意書または診断書が必要です。
同じ疾患で医院や病院の治療を受けている期間はこの制度を利用できません!(湿布などの投薬も含みます。)
歩行が困難な方や寝たきりの方など通院のできない方も往療(在宅)で施術が受けられます

費用について

健康保険で料金は定められています。※改定があるので、直接当院へお問い合わせください。
一部負担金(1割~3割)が自己負担となります。
身体障害者(1級、2級)の方は助成制度が受けられます。
はり・きゅう利用券(補助制度)との併用はできません。

ご依頼から治療開始までの流れ

往療鍼灸は、往療マッサージとほぼ同じ流れになります。

通院にて保険治療を受けたい方は直接お問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加